バレンタイン大作戦

そろそろバレンタイン、

大好きな恋人に、友達に、仕事の同僚や上司に、家族に、自分自身に・・・

最近はいろんな形の「バレンタインデー」があります。


アメリカやフランスではバレンタインは男性から女性へプレゼントしますし

それぞれの国でも違いがあり気持ちを伝えるイベントの一つとして長年愛されてきた日。




自分の気持ちを伝えるために皆さんはどんな事をし、そしてどんな感情を抱いていますか?


これは恋人関係だけではなく、全ての人間関係でも同じことが言えるかもしれません。


贈り物をする事は、それはあくまで入り口で

それが相手の心を動かせることに直結するとは限りませんが


贈り物をするために使った時間や手間暇 

そしてなぜそれを選んだのか・・・


相手にその想いや背景に、気付いてもらえることができたら

きっとそれは、感動や喜びとなり双方の心に「思い出」として深く染み入ることでしょう。


色々な関係性がある中、

一大決心をしてこの日のために思いを寄せる相手に準備をしている人もいれば

「義理」として沢山の人に贈り物をする人もいたりします。

ちょっと苦手な人だけれど、これを機に良い関係性を築けたらと贈り物をしたりする事もあるでしょう。


どんな思いであれ、

人に贈り物をするという事は

相手に喜んでほしいという気持ちからの行動だと思います。


そして

その思いが強ければ強いほど、それに比例して

相手からのリアクションを期待してしまいますよね。


そこで気を付けなければならない事は

自分の物差しで相手も図ってしまうと

時にそれが大きな間違いだったりする事がある。

という事…


相手にあっさりした態度をされてがっかりしたり


相手の態度にとても傷つけられたのに

相手は全くそれに気付いていなかったり


相手に思いの他凄く喜んで貰えたり


そんな経験はありませんか?


湯加減を丁度いいという人もいれば、

ぬるいという人もいる。

熱いという人もいますよね?


人間は10人10色で

感じ方、捉え方、価値観、皆それぞれ違います。


それは育ってきた環境が違うのですから当たり前で、自然の事なのです。


これは一つの例ですが

いつかテレビで小澤 征悦さんが、

滝川クリステルさんとの恋愛が終わった頃に

恋愛に対して言及していた事がありました。

「恋愛は 誤解して始まり 理解して終わる」

と僕は思っている

と仰っていて、

なるほどなぁと思った事がありました。




恋愛脳になっている時は

※ちなみに恋愛脳とは恋愛初期ドキドキワクワクした状態の事を指しています。

この状態はアドレナリン、ノルエピネフリン、ドーパミン等の化学物質であふれかえっている状態で非常に脳が興奮した状態です。


この時は相手のことを

「過大評価」したり

「自分にとって都合良く」

「こうであって欲しい」

と勝手に自分の理想像を相手に重ねて捉えてしまういがちです。


そのズレを知り、本当の相手を「理解」して終わっていくと

表現されていました。


これは恋愛に関してのお話なので

「終わらせる」というのは別の話しとして・・・


相手と自分の元々の

「価値観や関係性」を冷静に見つめて


その上で

相手の本当の姿を受け入れ

相手との上手な付き合い方はどういう形が1番良いのかを考える事も

大切な事ではないかと思います。


良い関係というのは

相手も自分も一緒にいて心地よい関係である事。

それが例えどんな間柄でも

仕事でも、恋人関係でも、家族でも、友人でも。


相手がしたリアクションから

相手を「知る事が出来た」と受け入れ

プラスに考えて良い関係性を考えていく事も大切です。


大切な事は相手を「受け入れる事」


バレンタインは

色々な気持ちが入り混じる日。

昨今は

「人の事が気にならない」という人も多くなり

「無関心」な人も増えていると言われています。


そんな中

Valentineというのは


人の気持ちが感じられる温かい日…


気持ちや思いは目に見えません。

所有する事も不可能です。

だからこそ尊くて大切にしなければならないと思います。


色々な想いを乗せて

「贈り物」をするValentine。


大切な人との良い関係性を再確認でき

これからに繋がる良い1日になると良いですね。


Valentineを楽しむ全ての方々が

幸せな気持ちで溢れます事を…


Happy Valentine

閲覧数:139回0件のコメント

最新記事

すべて表示